IFBBプロリーグ・プロクオリファイアーのルール

IFBB Pro League Pro Qualifier Rules
http://www.ifbbpro.com/ifbb-pro-league-pro-qualifier-rules/
※これらのルールは変更される可能性があります。

コスチュームについて

①ボディビルの部門では選手は標準的な男性用水着をポージングスーツとして着用する。なお、着用が認められるのは、尻が半分以上覆われる形のものである。また、着用するポージングスーツの色や形、素材については常識的な範囲で選択すること。トングの着用は禁止とする。
②ポージングスーツは単色であること。フリンジ(房)が付いていたり、文字が入っていたり、キラキラした光沢のあるものや蛍光色が使用されたものは禁止とする。
③いかなるポーズの際もポージングスーツを引き上げたり、裾を巻き上げたり、尻に食い込ませるような行為は禁止とする。特にフロント&リア・ラットスプレッドのポーズの時は注意すること。ポージングスーツの元の形を損なうような着用の仕方は決してしないこと。

音楽について

①ポージングで用いるBGMは選手が事前にCDもしくはUSBスティックに保存して準備すること。
②ポージングで用いるBGMをCDもしくはUSBスティックに保存する際は1曲のみを保存すること。
③ポージングで用いる曲には俗悪で卑猥な歌詞が含まれていないことを十分に確認すること。そのような言葉を含む曲を使用した場合は失格とする。

ステージ上での注意事項

①予選では宝石を着用することを禁じる。(結婚指輪は例外とする)
②処方された眼鏡の使用は認められる。(サングラスは禁止)
③ステージ上で以下の行為を禁じる。
 a. 柱や壁に寄りかかったりする行為
 b. ガムを噛むこと
 c. ムーンポーズ(前屈して臀部および後脚部をジャッジに向けるポーズ)をとること(このポーズをとった選手は失格とする)
 d. ステージ上で横になること
 e. 選手同士でぶつかり合ったり、押したり押し返したりする行為(これらの行為を始めた選手も対抗した選手も失格とする)
④予選&決勝の際、選手はジャッジが見やすいようにゼッケン番号をポージングショーツの左側にしっかり止めること。

進行について

[予選:Judging]

■プレゼンテーション・ラウンド
①選手はゼッケン番号順にひとりずつステージ中央に移動し、規定ポーズをとる。この際、ヘッドジャッジからの指示はないので、中央に移動したら直ちにポーズを開始すること。
②規定ポーズの制限時間は60秒とする。終了10秒前に合図があるので、制限時間内に全てのポーズを取り終えること。
③規定ポーズのための60秒間は最後まで使う必要はない。
④規定ポーズは以下の通りである。
 a. フロント・ダブルバイセップス
 b. フロント・ラットスプレッド
 c. サイドチェスト
 d. バック・ダブルバイセップス
 e. バック・ラットスプレッド
 f. サイドトライセップス
 g. アブドミナル&サイ
■コンパリソン・ラウンド(比較ラウンド)

番号順に数名ずつがステージの中央に移動し、クォーターターンと規定ポーズをとる。中央への移動やターン&ポーズをとるタイミングはヘッドジャッジの合図に従うこと。
コールアウトでは、ヘッドジャッジが特定の選手の番号を呼ぶので、呼ばれた選手はステージ中央に移動する。指示により、クオーターターンと規定ポーズをとる。この際、ジャッジは選手を比較して採点していく。
※ジャッジは選手のサイズのバランス、シンメトリー、そしてマスキュラリティーを総合的に審査する。

[決勝:Finals]

■ルーティン・ラウンド
①選手はひとりずつ番号順にステージに上がる。選手が事前に選択し、提出した曲が始まったらポージングを開始する。
②ポージングルーティンの制限時間は60秒とする。
③出場選手数によって、イベント主催者とヘッドジャッジはポージングルーティンをトップファイナリストたちだけにとらせることができる。

■コンファメーション(必要な場合のみ行う)

最終確認のためのコンファメーションでは、選手たちは再度ステージに上がり、ヘッドジャッジの指示でグループ単位で規定ポーズの比較が再度行われる。
※ジャッジたちは必要に応じてコンファメーションラウンドを行う権利を有し、審査内容を最終的に確認することができる。

■ポーズダウン(オーバーオールのみ)

トップファイナリストによるポーズダウンは60秒間とする。

スコアについて

①採点は予選(ジャッジング)でのみ行われる。
②点数が同点の場合はRPSシステムにより順位を決定する。